いろいろなビワ療法 
 
 


 
    
ビワ葉を用いる一般的な療法

「ビワの葉療法」の原点ともいうのが、ビワの葉を皮膚に直接当てる方法です。最も手軽に行える方法として利用されてきました。

右の図のように、ビワの葉をタワシでよく洗い、水気を取った後ビワの葉の裏側に油紙かラップをあてテープで止めます。そのまま光沢のある面を皮膚に当てます。
その上から包帯や三角布で固定します。

皮膚に貼りしばらくすると、体温でビワの葉が温められ、ビワの葉の薬効成分が体内に取り込まれ痛みやコリを和らげます。

 体によく効くビワの葉療法全書より
 図はクリックしてご覧下さい。
 
 
■TOP ■ビワについて知りたい ■いろいろなビワ療法 ■ビワ療法の基本のツボ ■ビワ療法を覚えたい
■ビワ関連商品のご案内 ■サイトマップ ■リンク ■ビワ療法Q&A ■ビワ療法の体験記録 
 
 TOPへ戻る 
Copyright (C) 2016 BIWA OnnetsuRyouhouKenkyukai. All Rights Reserved