ビワについて知りたい 
 
 
 
 
 


    
なぜビワがいいのか

ビワが注目され始めたのはごく最近のことではありません。
ビワについての効用はこれまでにも多くの症例や文献が残されています。

では、ビワが何故注目されるようになっているのでしょうか?

それは、ビワの成分であるアミグダリンにあります。
アミグダリンは、これまではビタミンB17 とも呼ばれ、痛みに対して極めて高い効果があることが解っています。
このアミグダリンがビワには大量に含まれています。

自然がもたらした恩恵は、ガンやあらゆる痛みの疾患で悩む多くの人たちに喜びを与えているのです。

ビワの葉は、お茶や浴剤として利用され、種と共に薬用酒としても飲用されています。

<ビワ>
バラ科の植物(同じバラ科には梅、桃、杏子、りんご、なしなどがあります。)
・ビワ葉や種の成分
ブドウ糖、蔗糖、果糖、マルトース、澱粉、デキストリン、サポニン
アミグダリン、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸など
・ビワの産地
九州から関東にかけて各地で見られます。 


 
 
■TOP ■ビワについて知りたい ■いろいろなビワ療法 ■ビワ療法の基本のツボ ■ビワ療法を覚えたい
■ビワ関連商品のご案内 ■サイトマップ ■リンク ■ビワ療法Q&A ■ビワ療法の体験記録 
 
 TOPへ戻る 
Copyright (C) 2016 BIWA OnnetsuRyouhouKenkyukai. All Rights Reserved